古-10/[2章1節] 『古事記』と現代宇宙科学との類似性

宇宙物理学は、一切「過去」だけを観察している。光のスピードでも数年、数百年、数万年、数億年かかる遠方の恒星や銀河を観察しているので、全ては「過去」だとはっきり分る。ところが、吾々の日常生活では見聞きしているものは、近過ぎるので、観察している存在が「過去」だとは気付かない。しかし、近かろうが、遠かろうが、観察できる存在は全て「過去」だということになる。「過去」とは、「既に存在していない」ことを意味している。つまり、「物質は存在しない」ということを示唆している。

一方『古事記』の概念は、「神が一切の存在を生んだ」のだから、「一切の生まれた存在も神」であると言う事になる。「豚が生んだ存在は豚」だから、「神が生んだ存在は神」となる。「神」は「隠り身(かくりみ=かみ)」が語源と言われ、見えない存在(生命)を表わしている。つまり「物質ではない存在」とも言える。つまり、「神は物質ではない」のだから、「神から生まれた一切万象は全て物質ではない」ことを意味していると言える。

『古事記』は「物質無し」の思想が根底にある。その見方は「宇宙物理学」の恒星の観察と共通している。
又、「物質無し」の思想は釈迦の「色即是空」「空即是色」の思想である。キリストも「吾が国はこの世の国にあらず」と言われ、「この物質世界は本物の世界ではない」ことを暗示されている。イエスが肉体を磔にして(肉体否定、物質否定)甦ったのも、「物質無し」を自ら証明したとも考えられる。この様に二大聖人が共に「物質無し」を説いている。『古事記』と共通している。

そろそろ現代人も、「物質無し」を悟る時期に来ていると小生は思っている。何故なら、「物質有り」と信じている「唯物二元論」の『旧約聖書』の思想からは、あまりにも悲惨な諸問題が無数に湧き出て来た事を、人類は嫌という程体験したではないか。もうそろそろ「物質が有る」という妄想を捨て去ってもいいのではないか。

反日勢力の大本は、ユダヤ国際金融資本である。彼らがこぞって反日である理由は、「日本が唯物論否定」の『古事記』の思想を受け継いでいる、「総本山」だからと言える。「唯物主義思想」の陣営は、日本という「唯神一元論」の国家の伝統文化を破壊しなければ、「唯物二元論」の迷いが破壊されてしまう事を知っているので、極度に日本国家を恐れているのだと言える。「闇」は「光」を嫌うのは当然過ぎる程当然である。今「反日勢力」「ユダヤ国際金融勢力」が、崩壊に向かっている最大の原因は、地球規模での「唯物二元論」の迷いの崩壊が始まった事を意味していると言える。
              (あまむし)


 以下は、ウェブサイト【『古事記』は地球問題の解答書】(うらしま たろう著)からの転載です。


   引用元「ふることぶみねっと」
      【『古事記』は地球問題の解答書】
      http://furukotobumi.net/02chapter/02c-01.html


///////////////////////////

『古事記』は地球問題の解答書

---- 時空の迷いを断つ『古事記(ふることぶみ)』----

第2章/『古事記』の「唯神一元論」を科学的に証明する
[1節] 『古事記』と現代宇宙科学との類似性



1)「宇宙の根源・始原」「物質の根源・始原」「生命の根源・始原」についての定説は定まっていない

 「宇宙の根源」「物質の根源」「生命の根源」を探る研究は、大昔から続けられています。「人間とは何か」を知るには、これらの課題を克服しなければならないでしょう。「宇宙の根源・始原」を求める「宇宙物理学」、「物質の根源・始原」を求める「原子物理学」「量子力学」、学問的思索を通じて「人間の生命や万物の根源・始原」を求める「哲学」、直感力や啓示により「人間の生命や万物の根源・始原」を求める「宗教」等、全てその手法は違っても、「宇宙、人間、生命、万物の根源・始原」の探求という目的は一致しています。しかし、残念ながら、「宇宙の根源・始原」「物質の根源・始原」「生命の根源・始原」についての、現段階での人類の定説は定まっていないのが現状です。


2)「時間空間の宇宙」は、「物質無し」の証明

 ここでは、「宇宙を構成している時間空間の概念」について、考えてみたいと思います。現代科学ではどのように「時間空間」を解明しているのでしょうか。一般的に宇宙科学で言われている考え方とは、かなり異質かもしれませんが、筆者の宇宙に対する概念を少し紹介させて頂きます。筆者の宇宙に対する概念は、『「物質無し」の証明』として把握しています。こう申しますと、「何??」と思われるかもしれませんが、しばらくの間、筆者の『「物質無し」(時間空間の宇宙は無い)』という理論の説明をさせて頂きたいと思います。


3)「過去」を観察している

 「時間空間の世界」で構成されているこの宇宙において、今地球上で、数光年離れた恒星の存在を観察しているのは、数年前に発した光の波動を観察しており、「恒星の過去」を観察していることを意味しています。つまり、吾々人間の「観察」という概念は、「過去」を観察しているに過ぎない事が、明確に理解できるのです。これが、広大な「宇宙」の重要な価値であると、筆者は思っています。


4)現象(物質)として認識している存在は、実在していない〝過去〟

 つまり、これは何を意味しているかと言いますと、「時間」と「空間(距離)」は、「過去を観察する為の道具」であることを意味しています。更に、これを突き詰めて行くと、「過去」を観察して「恰も存在している」と勘違いしているのが、「肉体人間の感覚器官や脳髄」だということになります。元来「過去は実在しない」のです。(実在しているのは、唯一〝今〟のみであって、過ぎ去った〝過去〟は、既に無いのです。)これは何を意味しているかと言いますと、「無い過去をあるかの如く観察している」のが「肉体人間の感覚器官や脳髄」であるということになります。 結局、「現象(物質)として認識(観察)している存在は、実在していない〝過去〟であった」ということを証明していることになります。


5)「一切万物が神であり、物質なるものは一つもない」という『古事記』の基本概念

 これが、筆者の考えている「宇宙的観察から理解し得る〝物質無し〟の証明」のごく簡単な説明です。かなり突飛な発想だとビックリされるかもしれませんが、この問題を真剣に考えて行きますと、「物質無し」が極めて重要な考え方であり、逆に「物質が有る」との思い込みが、人類に多大な問題を与えている「元凶」だという事が分ってきます。人類的問題を解く為の「鍵」を握ると考えられる『古事記』の概念は、「一切万物が神であり、物質なるものは一つも無い」という根本思想であると理解できます。故に、「物質的存在は一つも無い」という視点が、『古事記』の世界観の本質だという点で、この「物質無し」の概念と完全に一致していると言えます。


6)絶対神以外の被造物は「神ではない」=「物質的存在」であるという『旧約聖書』の概念

 この対極にあるのが、『旧約聖書』の世界観の絶対神以外の被造物は、全て「神ではない」=「物質的存在」であるという概念になります。西欧文明は、「唯物思想」と切っても切れない関係にありますが、この概念が、西欧文明の本質的問題であると理解しています。それは、『旧約聖書』の「唯物二元論」を信じている事が大きな原因であると考えられます。それに対して、東洋文明は、精神的霊的世界観であり、その中でも日本の『古事記』の世界観は、徹底した「唯神一元論」だという事が最大の特徴と言えます。その意味において、『古事記』の「唯神一元論」=「物質無しの世界観」と、「宇宙的観察から理解し得る〝物質無し〟の証明」は重大な関係、補完関係にあると考えられるのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント