テーマ:天皇

65/【天皇の継続性−10】「日本」という国と「天皇」の存在は、「地上天国の雛形」である

90)日本の建国は『人間は神の子である』という「縦の真理」の理念の具象化  西洋から遠く離れた極東の島国「日本」においては、『古事記』の神話に記されているが如く、「神」から生まれた「神々」「人間」「森羅万象」の系譜が説かれている。『古事記』に流れる根本思想は、「人間を含めた森羅万象は全て、神から生まれた存在である」という点にある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

64/【天皇の継続性−9】日本民族は『古事記』に示された手順を繰り返し「地上天国」を建設した

81)唯物論の妄想自体を生み出したのは〝神の御業〟か? それとも人間の仕業か?  「人間は物質である」という妄想が、「人間は塵にて造られた」(=人間は物質的存在だ)という唯物的な概念(妄想)となり、そしてそれが〝原因〟となって、『旧約聖書』の「原罪」の思想が生じた事は既に述べた通りである。では、その唯物論の妄想自体を生み出したのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

63/【天皇の継続性−8】『古事記』は「完成された神話」である

67)「神(エロヒム)」は人間に対して、「神との契約」等という〝条件〟を付けていない  引き続き『旧約聖書』について考察する。『旧約聖書』の教えの根本は、「神との契約(約束)を信じる事」と言える。「神との契約(約束)を信じる事」とは、つまり、「ヤハウェ」を信じる人々は、『「神との契約(約束)が存在している」という強い「信念(信仰)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

62/【天皇の継続性−7】『古事記』は「人間は神の子」の思想を貫いている

54)ユダヤ・キリスト教文明の信仰のあり方はどこか間違っている  西欧諸国はユダヤ・キリスト教文明が中心となって発展して来たのであるから、神に対する信仰心は極めて強いと言える。しかし、西欧の文化・宗教は、唯物思想に翻弄され、数千年に渡って殺戮と侵略の歴史を繰り返して来た。その理由は一体どこにあるのだろうか。抽象的概念の「神への信仰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

61/【天皇の継続性−6】天皇に自己を捧げる事で、日本民族は「神への信仰」を確立させた

45)「自我を死に切った時」に「無我」となり、「今此処の一瞬の生命」(神の御心)を把握し得る  前述した通り、「日本神道」「日本文化」の真髄と言えるものは、「森羅万象の本質を神」として拝み、吾が心の影として映し出された「現象世界」に「迷い」(穢れ)があれば、「禊祓い」を行なう事により、本来の「神の御心を地上に顕現する」生き方である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

60/【天皇の継続性−5】森羅万象を神として拝み、自己の心を禊祓いする「日本民族」の生き方

37)国民が天皇を「神」として拝み、天皇が国民を「神」として拝む所の「拝み合い」の日本精神  『君民同治の神示』(谷口雅春著)に、《かく天皇の神聖性は人民自身の神聖性より反映するのである。されば民が主であり君は客である。是を主客合一の立場に於て把握すれば主客一體であり、君民一體であり、民は君を拝み、君は民を拝む。民を拝みたまふ治は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

59/【天皇の継続性−4】遺伝子を繋いで行く事の目的は何か?

29)「個」としての優秀性を尊重すれば、ユダヤ人のように「女系の家系」を引き継ぐ事が有利となる  ここで、「遺伝子」を繋いで行くことの目的について考えてみたいと思う。「遺伝子」一般としてそれを繋いで行く目的は、「先祖、親が経験し構築した理念を子孫に伝承する」事が目的と言える。しかし、その「遺伝子」は、人により、民族により千差万別で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

58/【天皇の継続性−3】遺伝子を繋ぐ意味

20)遺伝子を繋ぐ必要性を考える  「遺伝子」とは、「理念」「男性原理」「伊邪那岐大神」「天照大御神の詔(みことのり)」の具象化されたものだと考えられる。「細胞組織」の「中心的理念」を象徴している。それは例えれば、「原子」の中心に存在する「原子核」のようなものである。  原子には、中心に一つの原子核(+電荷、男性原理)があり、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

57/【天皇の継続性−2】「男系天皇の譲位」の真意を探る

11)「天皇の証し」・・・男系天皇への御譲位である〝事実〟  もう一つ重要な事がある。それは今回の「天皇の御代越し」「天皇の御譲位」が、男子直系の血筋の男系天皇への御譲位であるという〝事実〟が歴然として存在している事にある。これこそが「天皇の証し」の最重要ポイントであり、その〝歴然たる事実〟を日本国民が知っている所に、日本国民の草…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

56/【天皇の継続性−1】平成から令和への「御代越し」の真意を探る

1)「天皇の御代越し」を日本国民が手放しに祝賀し喜び合った  時代は平成から令和に引き継がれた。先ずは日本国民の一人として、心からのお祝いを申し上げたい。令和元年5月1日午前零時のカウントダウンイベントを始め、日本中で国民の自主的な祝賀と喜びの声が涌き起こった。日本中の主要神社、神宮で頂ける「御朱印」をこの日獲得する為に、数時間も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16/ 「世界平和の唯一の道」を身を以て体現せられる「天皇」

 真夏の行脚の修行は、大切な気付きを小生に与えてくれました。その気付きは、さらに生長の家の深奥の真理へと導いてくれるものとなりました。「天皇国日本実相顕現」と「人類光明化運動」そして「地上天国実現運動」の整合性が、小生の魂の中でぴったりと一致した瞬間でありました。 16-1) 修験道(しゅげんどう)の行脚(あんぎゃ)修行 16-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/ 中心帰一 その四 / 中心帰一の理念と「天皇」への展開

 中心帰一の書き込みは「その三」で終了する予定だったが、大変重要であることに改めて自分自身が気付いたため、続けて書込みを継続します。  この書込みも生長の家関係者向けの内容であるので、一般の方々には用語の理解を含めて違和感を感じる箇所があると思われますので、どうぞスルーしてください。 **************  どうも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/中心帰一 その三/天皇に対する中心帰一

 三回目の「中心帰一」関連の書き込みです。今回も生長の家関連の書込みですので、ご興味のない方はスルーして下さい。 ****************  「人は何のために生きるのか?」という究極の疑問の答えとして、私は常々このように答えています。「人は何のために死ねるのか?」  人は如何に生きるべきか、と常に自問自答してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5/中心帰一 その二 / 「菩薩は何を為すべきか」第九条

 二回目の「中心帰一」関連の書き込みです。生長の家関連の内容ですので、ご興味のない方はスルーして下さい。 ****************  生長の家では何かある度に「中心帰一」と幹部はおっしゃる。その根拠は決まって「菩薩は何を為すべきか」第九条にある次の文章を唯一根拠として持ち出すのです。少し長くなりますが引用いたしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more