テーマ:ユダヤ

14/ 「謙りの姿勢」から神が現れる

 今回も生長の家関連の書込みとなりました。興味のない方はスルーして下さい。生長の家が抱える大問題であろうがなかろうか、一切問題の解決は「神を地上に現し出す」ことであります。それには「謙りの姿勢」が不可欠であります。 14-1) 自分の「心労」は、他者の「心労」 14-2) 悪人(悪役)を演ずるのは、善人(善役)を演ずるより大変 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13/「本部赤痢菌事件」は私ども「不遜の弟子」に対する、雅春先生の乾坤一擲の御指導である

 「地球上で最も大きな問題は何か?」こういう質問が出れば、即座に「ユダヤ唯物思想の問題だ」と答えるでしょう。現在の生長の家の問題に限らず、ほとんどの問題は、まさにこの問題であると考えられるのです。 13-1) 人類の問題を自己に摂取(愛)し、神の御名を呼ぶ 13-2) 戦前、戦後の生長の家の「ユダヤ唯物思想」の記述の変化 13…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2/因果眩まさず・・・ユダヤ教キリスト教文化と日本文化の本質に迫る

1) 秘匿され続けたタルムード       非ユダヤ人の財産はユダヤ人の所有物 2) タルムードの源流       ユダヤ人が信じた神と人間の冷酷な関係 3) ユダヤ民族の宗教的呪縛と       魂の理想とのギャップ 4) 日本民族が築いた文化の根底にあるもの       神と人間と天地自然との一体感(一元論…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

1/マルクスの建前と本音

マルクス主義。この暴風は20世紀を駆け抜け、全世界を悲惨のどん底に貶めた。昨今では中共(中華人民共和国)、北朝鮮、その他わずかばかりの国が生き残ってはいるものの、その恐怖政治と腐敗ぶりは目を覆いたくなるばかりだ。日本でも今もなお共産主義やマルクス主義を理想にしているグループが存在しているが、彼らは本当にマルクスやユダヤ人たちの本音を知っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more