テーマ:地上天国

65/【天皇の継続性−10】「日本」という国と「天皇」の存在は、「地上天国の雛形」である

90)日本の建国は『人間は神の子である』という「縦の真理」の理念の具象化  西洋から遠く離れた極東の島国「日本」においては、『古事記』の神話に記されているが如く、「神」から生まれた「神々」「人間」「森羅万象」の系譜が説かれている。『古事記』に流れる根本思想は、「人間を含めた森羅万象は全て、神から生まれた存在である」という点にある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16/ 「世界平和の唯一の道」を身を以て体現せられる「天皇」

 真夏の行脚の修行は、大切な気付きを小生に与えてくれました。その気付きは、さらに生長の家の深奥の真理へと導いてくれるものとなりました。「天皇国日本実相顕現」と「人類光明化運動」そして「地上天国実現運動」の整合性が、小生の魂の中でぴったりと一致した瞬間でありました。 16-1) 修験道(しゅげんどう)の行脚(あんぎゃ)修行 16-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more