65/【天皇の継続性−10】「日本」という国と「天皇」の存在は、「地上天国の雛形」である

90)日本の建国は『人間は神の子である』という「縦の真理」の理念の具象化  西洋から遠く離れた極東の島国「日本」においては、『古事記』の神話に記されているが如く、「神」から生まれた「神々」「人間」「森羅万象」の系譜が説かれている。『古事記』に流れる根本思想は、「人間を含めた森羅万象は全て、神から生まれた存在である」という点にある。…
コメント:0

続きを読むread more

64/【天皇の継続性−9】日本民族は『古事記』に示された手順を繰り返し「地上天国」を建設した

81)唯物論の妄想自体を生み出したのは〝神の御業〟か? それとも人間の仕業か?  「人間は物質である」という妄想が、「人間は塵にて造られた」(=人間は物質的存在だ)という唯物的な概念(妄想)となり、そしてそれが〝原因〟となって、『旧約聖書』の「原罪」の思想が生じた事は既に述べた通りである。では、その唯物論の妄想自体を生み出したのは…
コメント:0

続きを読むread more

63/【天皇の継続性−8】『古事記』は「完成された神話」である

67)「神(エロヒム)」は人間に対して、「神との契約」等という〝条件〟を付けていない  引き続き『旧約聖書』について考察する。『旧約聖書』の教えの根本は、「神との契約(約束)を信じる事」と言える。「神との契約(約束)を信じる事」とは、つまり、「ヤハウェ」を信じる人々は、『「神との契約(約束)が存在している」という強い「信念(信仰)…
コメント:0

続きを読むread more

62/【天皇の継続性−7】『古事記』は「人間は神の子」の思想を貫いている

54)ユダヤ・キリスト教文明の信仰のあり方はどこか間違っている  西欧諸国はユダヤ・キリスト教文明が中心となって発展して来たのであるから、神に対する信仰心は極めて強いと言える。しかし、西欧の文化・宗教は、唯物思想に翻弄され、数千年に渡って殺戮と侵略の歴史を繰り返して来た。その理由は一体どこにあるのだろうか。抽象的概念の「神への信仰…
コメント:0

続きを読むread more

61/【天皇の継続性−6】天皇に自己を捧げる事で、日本民族は「神への信仰」を確立させた

45)「自我を死に切った時」に「無我」となり、「今此処の一瞬の生命」(神の御心)を把握し得る  前述した通り、「日本神道」「日本文化」の真髄と言えるものは、「森羅万象の本質を神」として拝み、吾が心の影として映し出された「現象世界」に「迷い」(穢れ)があれば、「禊祓い」を行なう事により、本来の「神の御心を地上に顕現する」生き方である…
コメント:0

続きを読むread more

60/【天皇の継続性−5】森羅万象を神として拝み、自己の心を禊祓いする「日本民族」の生き方

37)国民が天皇を「神」として拝み、天皇が国民を「神」として拝む所の「拝み合い」の日本精神  『君民同治の神示』(谷口雅春著)に、《かく天皇の神聖性は人民自身の神聖性より反映するのである。されば民が主であり君は客である。是を主客合一の立場に於て把握すれば主客一體であり、君民一體であり、民は君を拝み、君は民を拝む。民を拝みたまふ治は…
コメント:0

続きを読むread more

59/【天皇の継続性−4】遺伝子を繋いで行く事の目的は何か?

29)「個」としての優秀性を尊重すれば、ユダヤ人のように「女系の家系」を引き継ぐ事が有利となる  ここで、「遺伝子」を繋いで行くことの目的について考えてみたいと思う。「遺伝子」一般としてそれを繋いで行く目的は、「先祖、親が経験し構築した理念を子孫に伝承する」事が目的と言える。しかし、その「遺伝子」は、人により、民族により千差万別で…
コメント:0

続きを読むread more

58/【天皇の継続性−3】遺伝子を繋ぐ意味

20)遺伝子を繋ぐ必要性を考える  「遺伝子」とは、「理念」「男性原理」「伊邪那岐大神」「天照大御神の詔(みことのり)」の具象化されたものだと考えられる。「細胞組織」の「中心的理念」を象徴している。それは例えれば、「原子」の中心に存在する「原子核」のようなものである。  原子には、中心に一つの原子核(+電荷、男性原理)があり、そ…
コメント:0

続きを読むread more

57/【天皇の継続性−2】「男系天皇の譲位」の真意を探る

11)「天皇の証し」・・・男系天皇への御譲位である〝事実〟  もう一つ重要な事がある。それは今回の「天皇の御代越し」「天皇の御譲位」が、男子直系の血筋の男系天皇への御譲位であるという〝事実〟が歴然として存在している事にある。これこそが「天皇の証し」の最重要ポイントであり、その〝歴然たる事実〟を日本国民が知っている所に、日本国民の草…
コメント:0

続きを読むread more

56/【天皇の継続性−1】平成から令和への「御代越し」の真意を探る

1)「天皇の御代越し」を日本国民が手放しに祝賀し喜び合った  時代は平成から令和に引き継がれた。先ずは日本国民の一人として、心からのお祝いを申し上げたい。令和元年5月1日午前零時のカウントダウンイベントを始め、日本中で国民の自主的な祝賀と喜びの声が涌き起こった。日本中の主要神社、神宮で頂ける「御朱印」をこの日獲得する為に、数時間も…
コメント:0

続きを読むread more

55/【余命2734/余命本出版の意味】

 愈々、日韓断絶が濃厚となって来た。米国も駐韓米軍撤退が現実化しそうな状況下にある。米中は既に実質的な「経済戦争」「情報戦争」状態に入っている。今回の韓国艦艇からP-1哨戒機への火器管制レーダー(射撃管制用レーダー)照射事件は、日韓断交の切っ掛けとなってもおかしく無い。日韓断交、日韓紛争、日朝紛争等の有事に対応してきたブログが「余命三年…
コメント:1

続きを読むread more

古-16/[2章7節]「今の一瞬」は実在するが、「過去」は無い

「今の一瞬、一瞬において生命が発現している」・・・・これに尽きると思う。それは何故そう言えるかと言うと、自分自身の現実の体験として、「今しか意識していない」からだ。未来にも、過去にも「自分自身の意識、活動」は存在し得ていない。この感覚は、全ての人間が持っている「常識的な感覚」だと思う。 未来として存在しているのは、「こうなれば良い…
コメント:0

続きを読むread more

古-15/[2章6節]「時間空間」は、「過去」を計測(認識)するための道具である

「時間空間の物質世界」は、要するに、「過去」を観察する為の「道具」に過ぎないという事が結論である。 「過去は無い」のであるから、「時間空間の物質世界」も無いということに、人類はそろそろ気付かねばならない時期に来ている。「物質がある」と思い込んでいるのは、間違いだと言わざるを得ない。 釈迦は「物質無し」を徹底して解かれた。仏教の基…
コメント:0

続きを読むread more

古-14/[2章5節]「生物」と「生命」を混同している現代科学

「生命」とか「心」とか「想念」とか「意志」というものを、否定している人間はこの地球上で、一人もいない筈である。それは何故かと言うと、一人一人自分自身を〝内観〟してみると、「生きている」事、「何かを考えたり思っている」事、「感情がある」事を知っているからである。だから、普通の人は、普通に「生命」や「心」や「想念」や「意志」を、排斥しないで…
コメント:0

続きを読むread more

古-13/[2章4節]理論物理学者は、「生命・心の世界」と「時間空間世界」との境目を研究している

理論物理学者達は、「物質の始原」について色々な理論を発表している。 10次元「超ヒモ理論」、11次元「膜理論」、etc.・・・・・ 科学者自身、それがどんなものであり、何を意味しているのかについて、全く分っていない。 調べれば調べる程、混沌として、理論物理学者達同士の意見の相違が増えるばかりだ。 何故そのような混沌とした不完…
コメント:0

続きを読むread more

古-12/[2章3節]量子力学によれば、「物質極微の世界」では「非客観的存在」である

人間を「物質的肉体的存在」という見方は、科学の最先端の量子力学の世界から見ると、間違いと言わざるを得なくなって来た。量子力学では、「物質は概念や振動そのもの」と位置づけられている。つまり、「何かが振動している」というのではなく、「振動そのもの」ということを意味している。言って見れば「念波」「心の振動」の様な存在に極めて近いと言える。とい…
コメント:0

続きを読むread more

古-11/[2章2節]問題は時間空間の世界にあり、解決は無時間無空間の世界にある

『古事記』には、此処彼処に「問題解決の秘訣」が書かれている。下に書かれている「無目堅間の小船」も「問題解決の秘訣」のその一つと言える。『古事記』に書かれている様々な問題の解決方法は、基本的に一致していると考えられる。それは、「時間空間の世界を超越して、生命根源の世界に自ら入る」という方法と言えると思う。 アルキメデスが王様から、「…
コメント:0

続きを読むread more

古-10/[2章1節] 『古事記』と現代宇宙科学との類似性

宇宙物理学は、一切「過去」だけを観察している。光のスピードでも数年、数百年、数万年、数億年かかる遠方の恒星や銀河を観察しているので、全ては「過去」だとはっきり分る。ところが、吾々の日常生活では見聞きしているものは、近過ぎるので、観察している存在が「過去」だとは気付かない。しかし、近かろうが、遠かろうが、観察できる存在は全て「過去」だとい…
コメント:0

続きを読むread more

古-9/[1章8節] 『古事記』は、キリストの「愛」「神の子」の真髄に通ずる

キリスト教会の教義は、イエス・キリストが説かれた教えとかなりかけ離れている点がある。 キリストは「全ての人が神の子だ」と言われたが、キリスト教会は、「キリストだけが神の子だ」と言う。キリストが聞いたら「それは違うよ」と嘆かれるだろう。 不思議な事に、よくよく注意して観察すると、『古事記』の思想は、キリストの思想とよく似ている事が分る…
コメント:0

続きを読むread more

古-8/[1章7節] 『古事記』の思想が『旧約聖書』の思想をリードした時、世界平和が完成する

外国から見ると、日本は極めて特殊な国に見えている。もう地球外生物の国「別の惑星」と評するしかないようだ。どう逆立ちしても、日本の真似が出来ない事が、そろそろ分って来たから、そんな評価を下す様になって来た。日本人にとっては当たり前の「日本」だが、外国人にとっては、「不思議な国」と映っている。その理由を端的に言えば、「神の国」だからなんだ。…
コメント:0

続きを読むread more